オーガニックプロポリス

風邪やインフルエンザの予防に加え、さまざまな疾患の予防に効果を発揮するプロポリスですが、その中でも特に良質な成分が豊富に含まれているのがオーガニックプロポリスです。

オーガニックとは有機栽培のことで農薬などの人工の成分を一切使用せず、自然の力だけで栽培された作物のことをいいます。

プロポリスは植物や農作物ではありませんが、ミツバチによって作り出される過程で必ず植物成分が主原料になります。 農薬などで汚染された土地で作られたプロポリスである場合、その体への効果がかえって有害になってしまう可能性もあります。

つまりオーガニックプロポリスとは化学肥料や農薬が含まれていない花や植物をミツバチが材料にして作ったもののことです。

世界一プロポリスの品質が良いとされるブラジルでは、オーガニック栽培の条件として、土地が三年間以上無農薬であること、30㎞以内に化学工場がないこと、専有の土地内に湧水があり外部から川が流れ込んでいないことなど500項目以上の基準が求められています。

これらの基準を満たした養蜂場で作られたプロポリスだけがオーガニックプロポリスと認定されるのです。

オーガニックプロポリスは、ミツバチが食べる材料自体も自然界の天然のもののみで作られているので通常のプロポリスに比べてフラボノイドや各種ビタミン、ミネラルが良質な状態で安定しています。

化学調味料、人工甘味料が一切使われていない自然そのままの状態なので安全性が高くお子様でも安心して飲んでいただくことができます。

条件を満たした養蜂場が極めて少ないうえに、天然のものを採取するとなると人間の生活圏からかなり離れた森の奥まで採取しに行かなければならないため、供給量が少ない点が課題です。 しかし、人間の体に最大限の効果を発揮できるのはやはり自然そのままの状態であるオーガニックプロポリスです。

今はさまざまな食材でオーガニックが求められており、さまざまな効果効能を持つプロポリスにおいてもオーガニックの需要が高まっています。